黒豚のしゃぶしゃぶはひと味ふた味違う

黒豚はしゃぶしゃぶに最高な組み合わせ

日本で最高な豚肉といえば・・?という質問で頭にパッと浮かぶお肉は黒豚だと思います。もちろん普段私達が食べている通常の豚肉も美味しいですが。、国内では「黒豚の豚肉はおいしい豚肉」というイメージが強いようで、黒豚のしゃぶしゃぶなどはちょっと高価なものが多いように思いますよね。色が黒い豚は世界中の豚の品種中にも数多く存在していますが、黒豚とはいったいどのような豚なのかあまり知られていません。では黒豚とはどういう豚なのでしょう??ようは色の黒い豚のことですよね。しかし、肉の色が黒い黒豚の豚肉というのは見たことがありません。豚肉の色は同じようなピンクでも特に「黒豚」と呼ばれている黒豚とはどんな豚なのでしょう。日本で現在「黒豚」として飼育されているのは、日本にもともといた純粋種の豚ではありません。日本人と豚肉との歴史は古く、特に沖縄や九州地方には在来種の豚や中国からわたってきた豚が数多くいたといわれています。ようは黒豚と呼べるお肉は海外からの豚が関係しているみたいですね。日本国内ではバークシャー以外の品種の豚肉は販売する際に「黒豚」と表記することはできません。バークシャーとほかの品種を掛け合わせた豚の豚肉の場合、「黒豚」ではなくバークシャーと記載することは認められているのですが、購入する人が黒豚と誤認されるような表記や絵を記載することはできません。この様な配慮も国内ではしっかりと守られているようです。
kurobuta_small

沖縄産の黒豚はどのような豚なのでしょう?

黒豚の名産といえば九州地方に固まっています、沖縄産に注目してみましょう。沖縄の在来種として知られる黒ブタに「島豚」もしくは「アグー」「島ウヮー」と呼ばれている豚がいます。沖縄ではかなり古くから豚の飼育が行われていて、豚肉の消費も盛んです。現在、沖縄で飼育されている黒豚の多くは、鹿児島から入ってきたバークシャーか、バークシャーと島豚が掛け合わされたものや、アメリカ原産の「ハンプシャー種」と掛け合わせたものなどが多く、純粋な島豚はほとんどいません。現在では純粋な在来種のアグー黒豚は数えるほどしか残っていません。これは意外でしたね!純粋な沖縄豚が少なくなってきている・・・!
その為に今沖縄では純粋なアグー豚を残していくような活動を行っています、もともとのアーグ黒豚はとても太く短い足で、野生の猪に近いような長めの硬い毛に覆われています。また、お腹や背中が丸い体型で、体力・免疫力も強く粗飼料のみでも大変良質な肉質になる沖縄の気候や風土に根付いた豚として親しまれていました。

しゃぶしゃぶに最適と言われた黒豚の味

今回黒豚についてまとめてみましたが、正直日本の名産だと思っていた黒豚が本当は、純粋な日本産ではないということがわかりました。ちょっと驚きましたが海外種と組み合わせることであの素晴らしい味わいが生まれるんだなと思いました!他の豚肉と比べて黒豚は、筋繊維のきめが細かく水分を多く含んでいるころから、ジューシーな豚肉になります。そういった肉質が良いことや、一回の出産頭数や発育の速度が比較的遅いということもあり、黒豚の豚肉はほかのものに比べて若干価格が高いものが多いようです。やはり高級と聞くと皆さん食べたくなりますよね!といっても豚なのでみなさんお買い求めしやすいですからね!しゃぶしゃぶは豚肉を思う存分食べる料理です。黒豚を十分堪能できます。ぜひ黒豚をこれでもか!と味わうのであれば絶対しゃぶしゃぶです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です