今話題の街虎ノ門で美味しいしゃぶしゃぶを満喫

意外と知らない虎ノ門の魅力としゃぶしゃぶ事情

東京の政治と経済の中心地は霞が関ですが、虎ノ門も同じく政治と経済の中心地として発展してきました。江戸時代に江戸城の南にあった門として虎ノ門という名前がつけられました。街の殆どはオフィス街になり、法律関係の事務所が多くある街です。沢山のビルが立ち並び一見遊べる様なスポットや飲食店はあまりないように思えますが実は虎ノ門にはたくさんの魅力的なスポットがあるのです。

最近では虎ノ門ヒルズの建設だったり、パリのシャンゼリゼ通りの様な通りが整備されていますし、これから話題性の高い街になりそうなことは間違いありません。虎ノ門のおすすめスポットとしては、愛宕神社や日比谷公園などがあります。

オフィス街が立ち並ぶ虎ノ門ですが、住宅街の一面もあるのです。ビジネスマンのセカンドハウスとして利用されている場合が多く、これからは虎ノ門ヒルズに多くの住居者が流れていくことになりそうですね。

虎ノ門駅周辺で見てみるとしゃぶしゃぶ店は多くはありませんが、新橋方面にはたくさんのしゃぶしゃぶ店が固まっています。今回は虎ノ門特集ということで虎ノ門駅チカのしゃぶしゃぶ店のご紹介をしていきます。

虎ノ門でしか味わえないしゃぶしゃぶ

とくにこれと言った遊びのスポットがある訳じゃないのに、虎ノ門までしゃぶしゃぶを食べに行くだけの価値はあるのかと思う方もいるかもしれませんが、あります。では早速そのお店についてご紹介していきましょう。

お店の名前はCHIRIRI 虎ノ門店です。こちらのお店で使っているお肉は近江牛。そう和牛です。しかも最高級A4~5のお肉だけにこだわって食材の仕入れをしています。近江牛という名前のお肉は厳格な要件をクリアした牛だけにつけられる名前です。その中でも特に品質の高い牛を認定「近江牛」と呼ぶのです。

肉質はきめ細かく柔らかいですし、脂肪も多過ぎず一度食べたら忘れられない味になることは間違いないです。その近江牛をこちらのお店でしか食べられないつゆでしゃぶしゃぶを楽しむことができます。しゃぶしゃぶコースは2種類あり、つゆしゃぶコースと近江牛のしゃぶしゃぶコースです。値段はグレードによっても変わりますが5000円から15000円位の料金設定になっています。高級路線のお店になりますが、特別なときにはこういったお店を利用したいですね。

こちらのお店のしゃぶしゃぶを食べるためだけに足を運ぶ価値は十分にあると思います。値段は高めですがそれに見合った料理や空間、サービスを体験できるはずです。

しゃぶしゃぶ以外の虎ノ門の楽しみ方

虎ノ門はもともとが経済や法律関係のオフィスが多い街なので、遊べるスポットというのはかなり少ないです。それでも虎ノ門ヒルズがオープンしたことにより楽しめるスポットは多くなりました。ということで虎ノ門でしゃぶしゃぶ以外を楽しむなら虎ノ門ヒルズがおすすめです。

虎ノ門ヒルズは上からホテル、住宅、オフィス、商業施設が入ります。ちなみにホテルは高級ホテルのアンダーズ東京です。宿泊はしなくてもホテル内にあるレストランやラウンジ、カフェなどは利用できるのでラグジュアリーな体験をすることもできます。

商業施設にある飲食店などはどのお店をとってもお洒落で美味しい料理を提供してくれるお店ばかりなので虎ノ門ヒルズなら毎日のランチ選びが楽しそうです。

虎ノ門ヒルズ以外なら日比谷公園がおすすめです。ゆっくり時間を過ごすことができる場所なので都会の中心にいても東京にいることを忘れさせてくれるはずです。

まだそこまで有名なスポットがある虎ノ門ではありませんが、これから通りの整備が終わるとだいぶ街も様変わりしそうなので今から注目しておきたい街ですね。以上、虎ノ門の街の魅力と絶品しゃぶしゃぶが食べられるお店についてご紹介しました。虎ノ門周辺に足を運ぶ機会があればぜひ立ち寄ってみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加