横須賀のしゃぶしゃぶなどのグルメは熱い!

しゃぶしゃぶが人気の横須賀の歴史や文化

住みたい街ランキングでも上位をキープしている横須賀エリア、イメージ的にはどういう感じでしょうか?米軍基地に自衛隊横須賀基地、スカジャン、カレーやハンバーガーなどのご当地グルメ・・・。これ等が流行った背景には歴史が深く関係しています。横須賀といえば、1853年(嘉永6年)のペリー来航。アメリカ海軍軍人ペリーが、鎖国中であった日本に対する開国の交渉のために、アメリカ大統領の親書を持って現れたのでした。翌1854年には神奈川で日米和親条約が締結され、日本の近代化の歴史が幕を開けます。以降、江戸・東京の玄関口となった横須賀には、世界の文化が入ってくるようになりました。明治に入ると大日本帝国海軍の横須賀鎮守府が置かれ、軍港として発展。第二次世界大戦後、これらの設備はアメリカ軍によって接収され、1952年の「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約(旧安保条約)」によってアメリカ海軍がそのまま利用し、現在に至ります。これらの歴史があって今の横須賀の文化が生まれたのです!
JMSDF_-_JS_Inazuma_(DD-105)_-_Starboard_Bow_View

横須賀の街並みをじっくり見てみる

歴史を知ったところで実際に横須賀の街並みをじっくり眺めていきましょう、「横須賀」と名の付く駅には、JR横須賀駅と京急本線の横須賀中央駅がありますが、にぎわいの中心は京急本線の横須賀中央駅から汐入(しおいり)駅にかけて。両駅は、徒歩で15分程度の距離感です。横須賀中央駅前には、「無印良品」や「ユニクロ」、「ABC-MART」などの若者向けアパレルショップや総菜店、カフェ&レストランなどが入る「横須賀モアーズシティ」が、汐入駅前には、「横須賀芸術劇場」や「ショッパーズプラザ」といった文化・商業施設があります。欲しいものがなんでも揃う横須賀ですね!ショッピングスポットがこんなにあると人の賑わいも絶え間ないですね♪そして横須賀中央駅前から米軍基地方面に延びる「三笠ビル商店街」は、鮮魚店や青果店、衣料品店、飲食店など約70店舗が建ち並び、買い出しのお客さんで活気にあふれています。よく、地方のさびれ具合が「駅前シャッター通り」なんて揶揄されることもありますが、この街の商店街はそんな世相もどこ吹く風。歩いているとしょっちゅう英語が聞こえてくるのも横須賀らしいところです。日本にいながら異文化に触れることのできる横須賀です。

しゃぶしゃぶなどのグルメ情報

では横須賀のしゃぶしゃぶ店を見てみましょう。ここで人気のお店を見てみるとやはり値段がリーズナブルなところが人気でした。ただ安いだけではなくお肉もこだわっていて味も満足なところが支持されるのですね!当店のしゃぶしゃぶもお肉や野菜にはこだわりを持っています、今では家庭でもしゃぶしゃぶは人気レシピの仲間入りをしましたが家庭で再現できないような味を提供しています。当店しゃぶしゃぶ亭 粋のコースメニューは2500円~10.000円コースと幅広いタイプでお選びいただけます。お肉はこだわりの沖縄県産の豚肉です。甘みが強く、脂が多めのお肉です。豚肉独特の臭みが少なく、さっぱりとお召し上がり頂けます。脂が多めのバラ、脂少なめのロース、程よく脂ののった肩ロースの3種をご用意しておりますので好みのタイプをお選びください。お肉の追加注文も可能ですよ♪豚バラ1.200円 ロース1.500円 肩ロース1.500円です。大事な日の思い出に、二次会で盛り上がりたい時などご活用ください。
02221435_512703989e999

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です