しゃぶしゃぶといえば食べ放題!お得なのか?

定番化されているしゃぶしゃぶの食べ放題が人気

食事を時間単位で味わうことができる素晴らしいシステム。
近年、しゃぶしゃぶだけではなく食べ放題のお店が増え続けている、食べ放題という言葉ではなくビュッフェという名前で呼ばれていることも多いです、ちょっとオシャレな感じですよね♪
気になるのはやはり料金帯です、色々な食べ放題があるので基本的な金額はわからないですが平日◯◯分980円~とかよく目にするかと思われます。
いっぱい食べる方にとっては「採算とれてるのかな???」と思ってしまいますよね!
要は食べ放題などは1分いくらという形で時間タイプの料金設定が多くメリットが大きいので利用者には嬉しいシステムだと思います。
最近の流行りの食べ放題など行くと、メニューのバリエーションも多いので驚きです、和食から中華そしてフレンチもあり、しかも日替わりでお客を飽きさせないその店独自のこだわりなどが見えます。
食べ放題のイメージは全部セルフサービスが基本です、自分の好きなモノを選んで食べてまた取りに行く・・子どものいる家庭なら、時間が長くなると子どもが飽きて遊び始めてしまうこともあり、あまりゆっくりもしていられない。一方、独り身なら短時間でサクッと食べたいケースもあるだろう。こうしたさまざまなニーズに対応できるのが、この料金体系の特徴だ。現状では平均滞在時間60分、平均料金1500円。通常のビュッフェレストランと比較すると顧客一人あたりの単価は安いが、滞在時間の短さによる回転率の高さでカバーするとでもいえるのでしょう!そもそも食べ放題は好きなものだけ集中して食べたり、色々なバリエーションの料理をちょこっとずつ食べて楽しんだり、味も大事ですがそういう食べ方で楽しめるというのも魅力の1つかもしれません。

しゃぶしゃぶだけではなく人気の食べ放題に迫る

日本の食べ放題の文化は定着しつつあります、今現在の食文化のトレンドにあっているのかもしれませんね。
確実に美味しい料理を出すお店というのは昔に比べ今では増えてきています、そこそこ有名であればあまりハズレがない・・・?というのでしょうか、そこに「時間制」という新たなベクトルを加えているということになります。
飲食店でも重要とされている顧客満足度ですが、更に一歩進んだ時間的顧客満足度というような新しい概念も注目していく時代になってきているともいえます。
わかりやすく説明すると、1時間で料理を満喫して最大の満足を得たとする。だが、2時間拘束されて2倍の料金だったら、1分あたりの料金は同じでも1分あたりの満足度は低下してしまう。
要は凝縮された時間でいかに満足いくかということですね、そういった意味で食べ放題が人気になっているのでしょうか?

気軽に来れるイメージのしゃぶしゃぶ食べ放題

先程も説明した、時間的顧客満足度というのは、実は食べ放題に限らず昔から導入されていました、よく考えると自分が普段生活している周りに結構存在しています。
最も大きな例を挙げるとインターネットカフェもそうです、一定時間経過後は1分あたり、もしくは10分あたり幾らという料金設定が基本で、利用した時間分だけ対価を支払う。この考え方は、大きくいえばカラオケボックスもしかりで1時間毎の料金設定などに、端的に表れています、「確かに!」と思ってしまいますよね?
そして、しゃぶしゃぶなどの食べ放題でもそうですが「お得感」を味わうことができて、なんとも幸せな気分にしてくれます、お得感といえば、大阪にある立ち飲み屋のお話なんですが、このお店も時間的顧客満足度が高いと有名です。
立ち飲み屋の聖地と言われている地域があり(大阪市のJR天満駅周辺)約50件以上の飲み屋が存在する「センベロ」という呼び名もあり、正直「???」とおもってしまいますが、しかしこれにはお得な意味がこめられていて1000円で楽しんでベロベロになれるというなんともお得な意味合いでした!!
しかも1軒にお客が滞在する時間の目安が30分~1時間程度で、ダラダラと1軒に居続けるわけではなく、そのお店短時間で最大に楽しんで数件まわってハシゴするという飲み方がポピュラーみたいです。
食べ放題も時間を決めて、最大限に味わい楽しみ満足するという意味では、全く同じですね!しゃぶしゃぶだけではなく今、食文化のトレンドになってきている「食べ放題」ほかにもどんな形で私たちに美味しい料理とお得なシステムを提供してくれるのか楽しみです!このような形で私達が笑顔で幸せに食生活が潤ってくると経済も潤いが増してくるのかな?と思います!
ドンドンお得なビュッフェや食べ放題に出かけちゃいましょう☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です