しゃぶしゃぶのルーツとは?美味しい秘訣。

しゃぶしゃぶの味歴史

しゃぶしゃぶは日本生まれの美味しいお鍋料理として有名ですが実は起源は外国から来たものとされています。北京の火鍋料理に「シュワンヤンロウ」という羊肉でしゃぶしゃぶする料理があり、そこからではないか?と言われています。シャワンヤンロウとは詳しく説明すると800年前の元朝の始祖フビライ・ハンの時代に始まったとされ、ある年、軍を率いて南征中、戦いが続きゆっくりと食事する時間もなく、兵士達はいつも故郷のやわらかい羊の肉を食べたいと願っていた。 そんな折、わずかに戦闘が止んだすきに大慌てで羊肉の料理を始めたが、又しても戦闘が始まり、フビライは切ってあった薄い肉を箸でつまみ、鍋の熱湯に二三度ゆすって口に放り込み、大急ぎで戦闘に戻って行った。兵士達もそれに習い、こもごも行き来して食べては戦いを続けた。 これは素晴らしい戦闘食にもなり、兵士達は俄然力をつけ勝利を重ねたと言われている。 後になって、これに調味料を加え、焼かない、あぶらない、炒めない、蒸さない、煮ないのにとても美味い料理法として今に伝わった。というと、しゃぶしゃぶの正確な起源はモンゴルからということになりますね。
donabe

しゃぶしゃぶという名前と美味しさの歴史

そうして、日本に渡ってきた「シュワンヤンロウ」です。1952年(昭和27年)に大阪のスエヒロが、自店の料理として出すときに命名したもので、これが始まりとされている。1955年(昭和30年)に商標登録されているが、スエヒロが商標登録したのは「しゃぶしゃぶ」ではなく、「肉のしゃぶしゃぶ」で、「しゃぶしゃぶ」という言葉を、どの店でも使えるようにとの当時の社長の配慮だという。 しゃぶしゃぶ専用の調理鍋の中央にある柱状の突起は、開発当時そこに炭を入れ鍋を加熱したという技術の名残である。あの独特なお鍋の構造は歴史を感じるものだったのですね!!そしてスエヒロというお店は、明治43年(1910年)大阪の北新地にて洋食レストラン弘得社(こうとくしゃ)として創業しました、ステ-キを主とした牛肉専門店として営業し、昭和27年先代店主三宅忠一により ”しゃぶしゃぶ” を考案して一躍有名になったのです。

しゃぶしゃぶ亭 粋の美味しいこだわり

しゃぶしゃぶの誕生秘話を今回お話させていただきましたが、いかがでしたか?ヘルシーな料理にもかかわらず美味しいお肉をいっぱい食べられるとしても大人気ですよね!メタボリックシンドロームや成人病などテレビやメディアなどで話題になっていることから、しゃぶしゃぶのような美味しい健康的なメニューが注目されているのでしょう。では当店 粋のこだわりをご紹介させていただきます。なんといってもしゃぶしゃぶは美味しいお肉はもちろんのこと野菜も一緒じゃないと楽しめないですよね!粋の野菜は千切りにしてお出しします。大盛りサラダと見間違う程の大ボリュームですが、出汁がよく染み柔らかくなりやすいため、お肉で巻いてあっという間に食べきってしまう美味しさです。そして思いっきり美味しいしゃぶしゃぶを楽しんだ後は〆のメニュー!粋ではうどん・雑炊・そうめんなどお好きな食材をチョイスできますよ!野菜や肉から美味しいうま味たっぷりのだし汁を最後まで楽しむことができます。当店は美味しい料理にぴったりなお酒や飲み物も、居酒屋に負けないくらい種類豊富に取り揃えています!!宴会や二次会などご活用ください。
IMG_1507

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です