最近の人気はだしにこだわったしゃぶしゃぶ

家庭のしゃぶしゃぶの美味しいだし

みなさん、しゃぶしゃぶと言えばどんな料理を想像しますか?お肉などの具材をお湯にさっと通して、ポン酢やごまだれなどのタレをつけていただく…そんなイメージですよね。このしゃぶしゃぶ、だしにこだわるだけでより一層美味しく食べることができるんですよ。今はだしにこだわったお店もたくさんありますし、家庭でできるレシピでも、だしの作り方は十人十色です。家庭だとお湯をそのまま煮立ててしまう人も多いそうですが、美味しく食べるためには、きちんとだしをとるのがポイントです!例えば家庭のレシピだと、一般的なのは昆布だしです。お鍋に水と昆布を入れて30分以上置き、昆布だしを作ります。そのまま火にかけ、煮立ったところで昆布を取り出し、酒、塩を加えます。お水の量は、鍋の大きさで調製してください。鍋のだし汁を煮立てたら、お肉を一枚ずつお箸ではさみ、さっと火を通します。だしには、うまみ成分のアミノ酸が抽出されています。また、お肉にはイノシン酸という成分がふくまれています。だしのアミノ酸とお肉のイノシン酸がお湯の中で組合わさることで、旨味が強くなるんですよ。最初にお肉を少ししゃぶしゃぶすることで、その後の野菜もより美味しく食べることができるんです。

美味しいしゃぶしゃぶ店はだしにこだわる

今はしゃぶしゃぶと言えばだしで決まるというくらい、沢山のお店がだしへのこだわりをアピールしています。だしにこだわっているしゃぶしゃぶ店にはどんなところがあるのでしょうか?

★仙台のしゃぶしゃぶ専門店 しゃぶ家
こちらのお店では、お肉や野菜をくぐらせるだしをなんと8種類も用意しています!セットやコースの場合は最初に好きなだしを選ぶことができ、単品でお鍋を頼む際もセレクトは自由となっています♪スタンダードなものは、北海道日高産昆布を使用した昆布だし、大根おろしを使用した、もち豚に良く合うみぞれだし、牛にも豚にも良く合うすき焼きだし、地鶏を煮込んだスープに、昆布やかつおで味をととのえた地鶏だしがあります。追加料金で楽しめるのは、無調整の豆乳を使った湯葉ができる贅沢豆乳だし、一度食べるとクセになる辛みそだし、もつ鍋用のスープを使ったにんにく味噌だし、豚の旨味を存分に引き出したとんこつだしがございます♪丸鍋でしっかり楽しむもよし、二色鍋を使って二種類を楽しむのもよし。様々な食べ方ができるのは嬉しいですね。

この他にも、様々なだしを用意しているしゃぶしゃぶ店、各店舗こだわりのだしを使っているお店はたくさんあります!

しゃぶしゃぶ亭 粋のだしへのこだわり

家庭で食べる時も、外食するときでも、お鍋のだしはしゃぶしゃぶを美味しく食べるためのポイントとなっているんですね。みなさんも、しゃぶしゃぶを食べるときにはだしに注目して、より美味しく食べてみてはいかがでしょうか。当店しゃぶしゃぶ亭 粋でも、だしにはかなりのこだわりを持っています★当店の看板メニューはなんといっても「お茶しゃぶ」。このお茶しゃぶに使われているだしは、かつおをベースとしただしに絶妙なバランスで緑茶をブレンドしたものです。しっかりとした味わいのなかに、ほのかに緑茶の香りとちょうどいい苦みを感じることができ、タレがなくてもお肉をぺろりと食べられます♪また、このだしをより楽しんでいただくために、当店のお野菜は千切りにしてお出ししています。見た目は大盛りサラダと見間違うようなボリュームですが、だしがしみ込み柔らかくなりやすいため、お肉で巻いてあっというまに食べきってしまいますよ。
お茶しゃぶしゃぶ
お肉は甘みがつよく、脂が多めの「あぐー豚」を使用しています。
あぐー豚取扱認定書
当店自慢のこのあぐー豚と、千切りお野菜の旨味がとけ込んだお茶だしはさらに格別。〆のメニューで最後の最後までだしの美味しさを楽しむことが出来ます。〆は雑炊、うどん、そうめんの3種類からお選びいただくことができますよ。だしにこだわった当店の美味しいしゃぶしゃぶ、是非一度ご堪能ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加