定番でありながら鍋料理おすすめのしゃぶしゃぶ

手軽におすすめしゃぶしゃぶの歴史

少し肌寒くなってきた季節に食べたいおすすめ鍋料理しゃぶしゃぶ。しゃぶしゃぶは鍋料料理の中でも定番メニューになっていますがその歴史はいつから始まったものなのでしょうか?鍋料理が日本で始まったのは江戸後期ろ意外に浅く湯豆腐やシャモ鍋から始まって1700年ごろから江戸では七輪などを使って鍋を火にかけてにながら食べる小鍋立ての料理がブームになります。そして明治気になってくるとすき焼きも流行りだし鍋料理はさらに普及していきます。しゃぶしゃぶはというと、医師にして、民藝運動家でもある吉田璋也氏が第2次世界大戦中に軍医として北京に着いた時に「シュワンヤンロウ」という鍋に出会いました。「シュワン」はすすぐ。や、ざっと洗う。といった意味で、シュワンヤンロウは薄切りにした羊肉を湯にさっとくぐらせてタレをつけて食べる北京の代表的な鍋料理でした。日本に帰ってきてからシュワンヤンロウの調理法を京都祇園の料理店「十二段家」の2代目主人におすすめし、メニュー開発にも協力をしていきました。当時羊の肉は手に入りにくかったので牛肉で代用をして味付けも日本人好みに合うように昆布だしにしてタレも和風にアレンジしてしゃぶしゃぶの原型の牛肉の水だきが昭和21年頃に出来たと言われているんです。

お家でも簡単美味しいおすすめしゃぶしゃぶ料理

しゃぶしゃぶは家庭でも簡単に作れるので晩御飯にもおすすめです♡鍋は一回味をつけちゃうと味を変えられないけどしゃぶしゃぶはタレで楽しむことができるので飽きずに食べることができます(^_^)普通の鍋に使うお肉はしゃぶしゃぶ用のお肉よりは厚くて火が通るまで煮込むのでその分溶け出した脂でカロリーも高くなってしまいますが、薄切りのお肉を使うので火の通りもはやくすぐに食べることができて脂分も少ないのでカロリーも安心なのでおすすめの鍋料理です(^_^)
さっと火を通してタレをつけて食べるところでちょっと焼肉と共通した点もあり味もさることながらも自分で調理するっていう雰囲気も楽しいですよね♪カロリーの話もちょっと出てきましたが、もう少しヘルシーな食べ方やしゃぶしゃぶに合うおすすめ野菜も紹介していきます☆お肉を目の前にするとたくさん食べたくなるしすぐに火が通って食べれるのでついついお肉ばかりたくさん食べてしまいますよね、食べ放題とかだと特に!でもまずはじめに野菜だけを温めたりさっとお湯にくぐらせたりして野菜をたくさん食べましょう♪野菜だけが苦手な人はお肉で野菜を巻いて食べても効果は◎。よく合う野菜は、定番の白菜をはじめにキノコや大根や人参、レタスやオクラも合うのでおすすめです♡手軽に野菜もたくさん取れるしゃぶしゃぶ、ぜひ今晩のメニューにいかがですか?☆

しゃぶしゃぶ亭粋のおすすめメニュー

最後に当店のお話をしていきますね( ^ ^ )/
当店しゃぶしゃぶ亭 粋は立川駅より徒歩3分の場所にあります。立川は、中央線と南武線と青梅線の停車駅で吉祥寺までは15分、新宿までは25分と都心に出やすく都心からも来やすくおすすめです!さらには多摩モノレールも走っていてアクセスしやすい街となっています♪立川の駅周辺は活気で溢れている繁華街になっていて駅前のルミネや伊勢丹に高島屋から始まって映画館やIKEAなどもあり幅広い商業施設や娯楽施設が連なっています。IKEAのすぐそばにはららぽーともオープンして立川の街はどんどん進化していってます☆さらには東京ドーム39個分という広さで自然が豊かな昭和記念公園もあります。昭和記念公園は遊具施設にバーベジューのエリアもあって春には1500本の桜が咲いて都内有数のお花見スポットとしても注目されているんですよ♪夏の花火や冬のイルミネーションもおすすめです(^_^)
そんな立川にある当店は都内でも少数のあぐー豚の取扱認定店でもあるんです!あぐー豚とは甘みが強く脂が多めで豚肉独特の臭みがなくてさっぱりと食べることができます♪当店のあぐー豚と沖縄豚の食べ比べができるコースは人気でおすすめです☆
進化続ける立川の街で美味しいしゃぶしゃぶ店をお探しなら是非当店にお越しくださいませ( ^ ^ )/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加